診療案内Medical Information

診療科目

内科

総合内科専門医として、 せき、たん、鼻水、のどの痛み、急な発熱、下痢や吐き気などの急性疾患から、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで幅広く対応いたします。 「具合が悪いけど、どこの診療科を受診したらよいのか分からな」という場合にも、まずはお気軽にご相談ください。

CTやMRIなど画像検査や大腸内視鏡検査が必要と判断される場合には、近隣協力病院に直接検査予約することができます 高度医療や入院が必要と判断された場合には、症状に応じた専門科を判断し、しかるべき医療機関を紹介いたします。

一般的な内科疾患

高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病 逆流性食道炎、胃潰瘍、慢性胃炎などの消化器疾患 気管支喘息、COPDなどの呼吸器疾患 バセドウ病、橋本病などの甲状腺疾患 花粉症、じんま疹などアレルギー疾患 、貧血、骨粗鬆症 風邪、腹痛、下痢、インフルエンザ など

小児科

咳や鼻水、発熱、腹痛、嘔吐、下痢など、一般的な小児科疾患の診察と予防 接種を行っています。

健康診断

当院では、船橋市特定健診ならびにご希望の各種健康診断を受け付けております。
※予約はいりません
※受付は午前:11時、午後:5時までです

船橋市特定健診
対象
千葉県後期高齢者医療制度加入者で船橋市にお住まいの方
40歳~74歳の国民健康保険加入者
検査内容
一般検査、血清検査、尿検査、ヘモグロビンA1c、貧血検査 (医師の判断により、心電図検査)
持ち物
市から送付される受診券と保険証をお持ちください 。
費用
無料
船橋市一括がん検診

国民健康保険等に加入されている方は健康診査(特定健診・後期高齢者健 診)と同時受診です。

■ 肺がん検診 (1年に1度)
対象
40歳以上の市民
検査内容
胸部エックス線検査・喀痰検査(医師が必要と認めた方)
費用
500円
■ 大腸がん検診 (1年に1度)
対象
40歳以上の市民
検査内容
免疫便潜血検査
費用
500円
■ 前立腺がん検診 (5年に1度)
対象
50歳以上で5歳刻みごとの年齢の男性市民
検査内容
血液検査(PSA検査)
費用
500円
■ 肝炎ウイルス検診 (生涯に1度)
対象
40歳以上で過去に1度も肝炎ウイルス検診を受けていない市民
検査内容
血液検査(B型・C型)
費用
無料

胃カメラ(経鼻内視鏡)

検査は毎日行っており、予約制となっております。
内視鏡専門医の資格を持ち経験豊富な院長が検査を行っています。
鼻から入れるハイビジョン経鼻内視鏡(とても細いです)なので苦痛は少なく、 検査中モニターを見ながら会話をすることもできます 舌の付け根を通らずにノドに触れないので吐き気を感じにくいです。
口からの内視鏡検査も、もちろん可能です。
また、内視鏡検査(経鼻・経口)による船橋市胃がん検診も行っております。

船橋市胃がん検診
対象
船橋市に住民登録のある50歳以上偶数年齢の方
※案内が届きましたら、市に受診券を請求してください
※抗血栓薬を服用中、妊娠中など対象外の方もあります
胃がん検診は登録制です
 健康づくり課:047-409-3404(受付時間:平日9時から17時まで)におかけの上、検診登録希望の旨をお話しください
費用
自己負担金1,500円(ただし、70歳以上など条件を満たす方は無料)
※別途費用(病理組織検査など)がかかる場合があります
持ち物
保険証、船橋市胃内視鏡健診受診券 検査の説明をして、日時の予約をさせていただきます。

予防接種

当院は以下の予防接種を行っております。
※予約はいりません
※受付は午前:11時まで、午後:5時までです

こどもの定期予防接種

・4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)ワクチン
・2種混合(ジフテリア・破傷風)ワクチン
・麻しん風しん(MR)ワクチン
・日本脳炎 ワクチン
・BCG
・Hib ワクチン
・小児肺炎球菌 ワクチン(プレベナー)
・水痘 ワクチン
・B型肝炎 ワクチン
・おたふくかぜ ワクチン
・ロタウイルス ワクチン

高齢者の定期予防接種

・インフルエン ザワクチン
・高齢者肺炎球菌 ワクチン

インフルエンザワクチン

10月初旬~12月いっぱいまで

予防接種を受けることが出来ない方

・明らかに熱のある方。通常は、37.5℃以上を指します。
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。 急性の病気の経過が分からなくなる可能性があるため、その日の接種は見合わ せるのが原則です。
・予防接種に含まれる成分によって、アナフィラキシーを起こしたことが明らかな方。 アナフィラキシーとは、通常予防接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。 発汗、顔が急にはれる、全身にひどい蕁麻疹がでる、吐き気、嘔吐、声が出にく い、息が苦しい等の症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です。
・その他、医師が不適当な状態と判断した場合。

予防接種の副反応

注射部位が、赤くなったり、はれたり、痛んだりすることがありますが、通常2~3日のうちに治ります。 また、軽度の発熱やだるさ、寒気などがある場合もありますが、通常2~3日で治 ります。 いずれにしても、気になる症状などがございましたら、ご遠慮なく医師や看護師にご相談下さい。